--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/02/28

祝( ' - '*) 3DS1周年♪

先日の26日で、ちょうど1周年。

ソフト不足に悩まされた初期の頃と比べると最近はソフトもコンテンツも充実して来ました。逆に遊ぶ時間が足りないという状況です

現在は途中でやめてしまった「MetalMax3」と「THEATRHYTHM FINAL FANTASY」をプレイしています。あと「タケヤリマン」です(意外と楽しいw)。

「THEATRHYTHM FINAL FANTASY」久しぶりのヒットです

やっぱり音ゲーとタッチペンの相性は抜群ですね。個人的には神ゲー「押忍!闘え!応援団」に匹敵する面白さがあります。あと、FFシリーズの音楽が良い&懐かしいですね。特にムービーシーンを背景に音楽を奏でるEMS(イベントミュージックステージ)はシリーズ経験者であれば涙腺を刺激するものがあります。

シリーズ25周年記念作品として作られた本作ですが、発表当時のネット上の評価はお世辞にも良いものではありませんでした(実際にウチも微妙な評価でした)。それが体験版を配信して一気に評価が逆転! 脅威の消化率90%前後を記録する大ヒットとなるんだから面白いね。

「押忍!闘え!応援団」も最初は無名で、口コミで徐々に人気作となって行きましたし、本当に丁寧に作られたソフト&面白いソフトが売れるというのは嬉しいですね。「もう本編もここに外注すりゃいいんじゃねw」って思ってしまうぐらい良い出来です。「ファンなら買い!」ですよ。

「MetalMax3」は、まだまだ序盤。LV10ぐらい。相変わらずエンカウント率が異常すぎる これさえなければ名作なんだけどなぁ。

-------------------------------------------------------------------

海外レビューひとまとめ『Asura's Wrath』
これに38点をつけちゃうゲーム専門雑誌が日本にあるんですけどねw

■ Sine Mora - Official Normal vs. Insane Gameplay Comparison Trailer [HD]


買う予定 楽しみだー。

『ブレイブリーデフォルト』体験版を継続的に配信!第1弾は2/29
期待してます。

「PSO2」α2テストのテスターレポート集計結果を発表,参加率は実に7割以上,最大同時接続者数は2万3097人,作成されたキャラは12万体以上
ウチが繋いだ時もロリロリとした女性キャラが多かった印象。

pso20120204_004717_000.jpg

画像が小さくてほとんどわかんないと思うけど、プレイ予定キャラです。ウチはアサシンみたいなマスクが超ツボったんですけど少数派だったようですw

「ぎゃる☆がん」,3月1日から配信予定のDLCを公開。「エプロンセット」に含まれる“ホイップクリーム”などのアイテムで魅力がさらにアップ?
アルケミストとバンナムは二度と箱に戻ってこなくていいw

blogram投票ボタン

肉球 ランキングに参加してみました。よろしければクリックお願いします ^^
kao03 拍手とかコメントとかしていただけると、とても嬉しいです うさぎ


スポンサーサイト
■ ゲーム | Comments(0) | Trackback(0)
2012/02/23

3DS(*´∀`) 楽しいですねぇ。

実は「アンバサダー」だったりするのですが、先日はじめて「すれちがい通信」なるものをしました

なにこれ(*´∀`) めっちゃ楽しい。

おかげさまで箱が完全に封印されております。まず通常であれば多くの人が何事もなく終わってしまう「他人とのすれちがい」という行動に注目し、そこに新しい「遊び・楽しさ」を生み出した任天堂の遊びの提供センスに脱帽。これは方向性こそ違いますが、Xbox360の実績システムに通じるものを感じますね。以前から携帯ゲーム機に力を入れて来た任天堂だからこそ実現できた機能とも言えると思います。

まさに革命的!(ぺぐる

ウチは以前から「なんで任天堂は実績システムを導入しないんだ。おかげでヤルキが起きない」と思っていたのですが、この場をお借りして「ごめんなさい。゚(*´□`)゚。」と誤りたい。任天堂が実績システムを導入しない理由。それは任天堂が描いているゲーム・遊びの方向性には必要がないから。そして、そんなシステムに頼らなくてもキチンとした「楽しさ」を提供できる絶対的な自信があるから。

初めてタッチペンで「押忍!闘え!応援団」をプレイした時のような感動を感じています

他の会社のゲームを完全に否定するわけではないのですが、やっぱりウチは任天堂の目指している方向性こそが「ゲームのあるべき姿」ではないかと、3DSの機能と今日の「Nintendo Direct 2012.2.22」を観て思いました。

-------------------------------------------------------------------

以下、今日の放送で判明したウチが気になった情報。

新・光神話 パルテナの鏡
3/22発売予定。マジで作り込みが異常。トレジャーも真っ青なレベルだわ。

ファイアーエムブレム 覚醒
4/19発売予定。DLC第1弾は発売日から5/31まで期間限定で無料。

■ マリオテニス オープン
5/24発売予定。ネット対戦対応。これは楽しみ♪

■ カルドセプト
6/28発売予定。

■ カルチョビット
7月発売予定。

■ カプコン,セガ,バンダイナムコゲームス3社の協同プロジェクト
バンダイナムコさんだけはお断りです( ゚Д゚)y─┛~~

■ 世界樹の迷宮IV 伝承の巨神
7/5発売予定。

■ 3月中旬からゲームギアのタイトルを配信(シャイニングフォースまだー?)
■ 「ザ・ローリング・ウエスタン」ちょっと面白そう...
■ 脳トレシリーズの最新作が登場
■ 「初音ミク and Future Stars Project mirai」体験版が配信開始。

blogram投票ボタン

肉球 ランキングに参加してみました。よろしければクリックお願いします ^^
kao03 拍手とかコメントとかしていただけると、とても嬉しいです うさぎ

■ ゲーム | Comments(0) | Trackback(0)
2012/02/20

2012.2.19 - ザ・クロマニヨンズ TOUR ACE ROCKER 2012 - CLUB DIAMOND HALL

参加して来ました。毎年参加の恒例の いつもの友人と。

久しぶりのCLUB DIAMOND HALLでのライブ参加。初めてライブで気分が悪くなって倒れそうになった。些細な悩みもストレスも一気に吹っ飛んだけど、こいつはやべぇw

(。'A`)< もう歳ですかね あはは...

なんだか参加する度にキツクなってる気がするのは気のせいでしょうか。でも、ライブが終わった後に友人(港で働いてるぐらいガタイがいい奴)に聞いてみたら彼もキツかったと言っていたので、単純にウチが弱体化したのが原因というわけではなさそうだ。

ウチはアンコール手前までは前の方で頑張りましたがライブ中盤~後半にかけて本当に意識が危なくなったので、アンコール時のチャンスに端に逃げました。一曲目が終わった時点で端に逃げる人を何人か見ました。その気持ちわかりますw

そして ただいま筋肉痛で右肩が上がらない状態ですw

最近はトレーニングをサボリ気味だったので完全敗北です。あとは途中の「グリセリン・クイーン」で踊りすぎました。完全にアレで体力が赤くなりましたw 反省w

今年はもう一回、夏に参加する予定です。それまでには鍛えておかないと! 頑張るぞー!

■ 今回のライブの反省点

□ ペットボトルは重要。ライブの途中で水分を補給しないとマジで脱水症状になる(でも、前回も前々回も無くても大丈夫だったんだけどなぁ)。オススメはzeppのライブでもらえるネックストラップ。

□ 支え棒がないハコでのライブは少し下がった方が安全かも。たぶんこれが今回くるしかった一番の原因じゃないかと推測。前後左右どれもモッシュが激しかった。

□ 着替えは絶対に持って池(タオルもオススメ)。無かったら会場でTシャツでも良いから買え。汗を吸収した服で帰宅すると風邪を引きます。

□ 被り物は脱いで池。そんなの被ってたら一曲目で紛失するぜ。ちなみにウチはニットを被っていきましたが、普通に2曲目の時点でタオルになっていましたw

□ 紐のある靴は履いていくな。もし履いていくなら3回は結んでおけ。紐がほどけると全方位から紐を踏まれるので危険だ。途中ゆるやかな曲の時に座り込んで紐を結び直していたら、ウチが気分が悪くなって座り込んでいるのかなと思って「大丈夫?」と声をかけてくださった方、心配してくれてありがとうございました。2回は結んでおいたんですけどね(汗

-------------------------------------------------------------------

適当に

ヒロト、瀧、真心がマンガ愛語る「BRUTUS」最新号
む? これはチェックせねば

摩天楼オペラ、シンフォニックサウンドを極める新作発表
ついにメジャー1stアルバム 楽しみだね。

中村一義が明かす、10年ぶりソロ始動への決意
ライブしてくれたら絶対に参加するぞー。

blogram投票ボタン

肉球 ランキングに参加してみました。よろしければクリックお願いします ^^
kao03 拍手とかコメントとかしていただけると、とても嬉しいです うさぎ

■ ライブ | Comments(0) | Trackback(0)
2012/02/16

転落(2004) - 永嶋 恵美

あらすじに少し惹かれて購入した小説 読了。

転落 (講談社文庫)転落 (講談社文庫)
(2009/04/15)
永嶋 恵美

商品詳細を見る

-------------------------------------------------------------------
ホームレスになってしまった「ボク」は、食料を探していた神社で、小学生の麻由から弁当を手渡される。巧妙な「餌付け」の結果生まれた共犯関係は、運命を加速度的に転落へと向かわせる。見せ掛けの善意に隠された嫉妬・嘲笑・打算が醜くこぼれ落ちるとき、人は自分を守れるのか!?驚愕の心理サスペンス。
-------------------------------------------------------------------

想像してた内容とは少し違ったが、なかなか面白い本でした。面白くて一気に読んでしまった

第一章の「教唆」で軽い<叙述>あり

「小泉 喜美子」の「弁護側の証人」や「我孫子 武丸」の「殺戮にいたる病」のような、それ自体がメインディッシュというわけじゃないけどね。

そして描写が妙に生々しい。嫌悪感とでもいうのだろうか。「え? これって作者は女性だよなぁ」と思わず確認してしまうほど。

第二章「隠匿」の序盤で誰もが「あれ?」と一瞬わけがわからなくなる感覚に襲われるだろう。「殊能 将之」の「ハサミ男」や「スタンリー・キューブリック」の「フルメタル・ジャケット」みたいと言うのだろうか(正確には少し違うと思うんだけど)、これにより一気に読者の心を鷲掴みにする事に成功していると感じた。

あとは題名の通り「転落」していくだけだ。でも、最後の結末はそんなに驚かなかったな

それよりも人間(特に女性)の心理描写が良かった(これは男性には表現できない気がする)という事と、作中に出てくる介護施設で問題となっている現状(つい先日も介護施設での職員により老人の虐待などがニュースで取り上げられていましたね)の描写が妙にリアルだったのが印象的でした。

そういう意味ではおそらく女性よりは男性の方が評価が高くなる内容かなぁ。母親の重荷がズッシリとのしかかってくるような、息苦しさを感じた一冊。あと解説はキチンとした人に依頼した方がいいw

-------------------------------------------------------------------

■ 読了済の本 / 永嶋 恵美
転落

blogram投票ボタン

肉球 ランキングに参加してみました。よろしければクリックお願いします ^^
kao03 拍手とかコメントとかしていただけると、とても嬉しいです うさぎ

■ 読書 | Comments(0) | Trackback(0)
2012/02/15

ラピスラズリ(2003) - 山尾 悠子

「画題(タイトル)をお知りになりたくはありませんか」
不世出の幻想小説家が、20年の沈黙を破り発表した連作長篇小説。読了。

ラピスラズリ (ちくま文庫 や 43-1)ラピスラズリ (ちくま文庫 や 43-1)
(2012/01/10)
山尾 悠子

商品詳細を見る

-------------------------------------------------------------------
冬のあいだ眠り続ける宿命を持つ“冬眠者”たち。ある冬の日、一人眠りから覚めてしまった少女が出会ったのは、「定め」を忘れたゴーストで―『閑日』/秋、冬眠者の冬の館の棟開きの日。人形を届けにきた荷運びと使用人、冬眠者、ゴーストが絡み合い、引き起こされた騒動の顛末―『竃の秋』/イメージが紡ぐ、冬眠者と人形と、春の目覚めの物語。不世出の幻想小説家が、20年の沈黙を破り発表した連作長篇小説。
-------------------------------------------------------------------

真の幻想小説 知る人ぞ知る幻想文学作家。初トライ。

読み始める前は「三島由紀夫」の小説のような、それこそウットリしてしまうような美文を。もしくは「佐々木丸美」の小説のような、幻想的でありながらどこかメルヘンチックな雰囲気を想像していました。

すいません。いざ勇んで読んでみたものの、マジで最後までちんぷんかんぷんでした

ここまで読むのに苦労した本は久しぶりで、まだ「夢野久作」の「ドグラ・マグラ」の方が読みやすいんじゃないのかって思うほど苦戦しました(っていっても一回しか読んでないけど)。最初の「閑日(少女とゴーストの物語)」は「佐々木丸美」の小説みたいな雰囲気で読みやすかったんだけどなぁ。

-------------------------------------------------------------------
「閑日(かんじつ)」「龗(かまど)の秋」の豊かな記述は、晩秋・初冬の陽の匂いや食器がたてる音や古い布の手触りといったさまざまな具体的なものを想起させます。ところがじつはそこから、作者の「遠近法」「耶路庭(えるにや)国異聞」「仮面物語」「破壊王」などの思考実験的な先行作品を介して、ベケットの熱力学的短篇「人べらし役」とボルヘスの幾何学的短篇「バベルの図書館」への道が開けている。閉じた小世界が叛乱(はんらん)、疫病、エントロビー増大などを契機に滅亡・没落するさまを緻密(ちみつ)に記述することにこの作者は長けているのです。
-------------------------------------------------------------------
    ↑
解説より一部抜粋。いかがでしょうか。とりあえずウチに何回、IMEパッドとグーグル先生を駆使させるつもりなんですかねw

もちろん解説を読み終わったウチがそのまま頭を抱えたのは言うまでもありません

「何物にも例える事ができない何か異質なモノ」そう感じるのがやっとだった。amazonのレビューでは「硬質」って表現されてる。言われてみればそうかもしれない。

読書って難しいね

-------------------------------------------------------------------

■ 読了済の本 / 山尾 悠子
ラピスラズリ

blogram投票ボタン

肉球 ランキングに参加してみました。よろしければクリックお願いします ^^
kao03 拍手とかコメントとかしていただけると、とても嬉しいです うさぎ

■ 読書 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。