--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2015/10/24

モール・コップ ラスベガスも俺が守る! - 2015.アメリカ

レンタルショップで偶然発見した本作。まさか続編が出ているとは、、、
「これは借りるしかないでしょ!」ということで観ました

著者 :
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日 : 2015-09-02
「今作は仲間がいるんだから、仲間の見せ場も作って欲しいなぁ」と思ってたら、ちゃんと最後に見せ場がありました! 今作も期待を裏切らない出来ですね!

----------------------------------------------------------------
メタボ警備員が戦うアクションコメディの第2弾。警備員のポールが6年前の事件で救い、再婚した妻までもが彼の下を去ってしまい、またもシングルファーザーに。ある日、ひとり娘のマヤとラスベガスへ行くことになるが…。
----------------------------------------------------------------

前作が発表されたのは2009年、、、メタボで低血糖なあの男が忘れた頃に帰ってきた!



開始5分で人生のどん底に落ちてしまうポール。「ちょっとこれは悪ノリしすぎでしょ 」と少し心配になりましたが、今作も期待を裏切らない作品でした。



前作と同様に無駄なシーンが一切なく作品全体のテンポはグッドです。なぜか突然出てきた鳥に襲われるシーンは笑いすぎて苦しくなりました



目が回るほどスピンしてゲロをまき散らしてやる!(イミフ)



お前の顔をシロップにつけてゴスペルを歌わせる!(イミフ)
えぇ 完全に勢いだけで撮ってるんじゃねぇのかと。



「今作は仲間がいるんだから、仲間の見せ場も作って欲しいなぁ」と思ってたら、ちゃんと最後に見せ場がありました! やべぇ 無駄にカッコイイw



ちなみに右から二番目の女は最凶です。

お馬鹿なシーンばかりをピックアップしてしまいましたが、笑いあり、感動ありの素敵な映画です。前作を観ていない人は前作からどうぞ

その他の映画の感想はこちら

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

肉球 ランキングに参加してみました。よろしければクリックお願いします ^^
kao03 拍手とかコメントなどもしていただけますと嬉しいです うさぎ
スポンサーサイト
■ 映画 | Comments(0) | Trackback(0)
2015/10/18

Book Reviews

ブックレビュー。

「ブクログ」も更新しています(´-`) 宜しければ見て下さいね。
管理人の本棚

----------------------------------------------------------------
★ - ★★☆:微妙だった | ★★★ - ★★★☆:まぁまぁ | ★★★★:かなり面白い | ★★★★☆:傑作! | ★★★★★:これは読むべし!!
----------------------------------------------------------------

我孫子 武丸
弥勒の掌(2005) | ★★★(3.0)

綾辻 行人
水車館の殺人(1988) | ★★★☆(3.5)
人形館の殺人(1989) | ★★★☆(3.5)
□ Another (2009) | ★★★★(4.0)

伊坂 幸太郎
ラッシュライフ(2002) | ★★★(3.0)
終末のフール(2006) | ★★★★(4.0)

貴志 祐介
狐火の家(2008) | ★★★(3.0)
□ 新世界より(上)(中)(下)(2008) | ★★★★★(5.0)
悪の教典(2010) | ★★☆(2.5)

倉知 淳
星降り山荘の殺人(1996) | ★★★★☆(4.5)

小泉 喜美子
弁護側の証人(1963) | ★★★★(4.0)
メイン・ディッシュはミステリー(1984) - | ★★★☆(3.5)

越谷 オサム
階段途中のビッグ・ノイズ(2006) | ★★★(3.0)
 
佐々木 丸美
雪の断章(1975) | ★★★★★(5.0)
忘れな草(1978) / 雑記 | ★★★★★(5.0)
花嫁人形(1979) | ★★★☆(3.5)

島田 荘司
斜め屋敷の犯罪(1982) | ★★★☆(3.5)

高野 和明
ジェノサイド(2011) | ★★★(3.0)

永嶋 恵美
転落(2004) | ★★★(3.0)

西村賢太
暗渠の宿(2006) | ★★★☆(3.5)

貫井 徳郎
疾走症候群(1995) | ★★★(3.0)
誘拐症候群(1998) | ★★★☆(3.5)
プリズム(1999) | ★★★★(4.0)
殺人症候群(2002) | ★★★★★(5.0)

荻原 浩
ハードボイルド・エッグ(1999) | ★★★★(4.0)
サニーサイドエッグ(2007) | ★★★★(4.0)

東野 圭吾
天空の蜂(1995) | ★★★★(4.0)
使命と魂のリミット(2006) | ★★★(3.5)
ダイイング・アイ(2007) | ★★☆(2.5)
白銀ジャック(2010) | ★★☆(2.5)

湊 かなえ
告白(2008) - | ★★★☆(3.5)

宮部 みゆき
蒲生邸事件(1997) | ★★★★(4.0)

山尾 悠子
ラピスラズリ(2003) | ★★★(3.0)

山本 兼一
利休にたずねよ(2008) | ★★★☆(3.5)

湯本 香樹実
春のオルガン(1995) | ★★★(3.0)

横山 秀夫
クライマーズ・ハイ(2003) | ★★★★(4.0)
ルパンの消息(2005) | ★★★☆(3.5)

アガサ・クリスティー / Agatha Christie
スタイルズ荘の怪事件(1916) | ★★★☆(3.5)
そして誰もいなくなった(1939) | ★★★★★(5.0)

アントニー・バークリー / Anthony Berkeley Cox
毒入りチョコレート事件(1929) | ★★★★☆(4.5)
第二の銃声(1930) | ★★★☆(3.5)

クレイグ・ライス / Craig Rice
セントラル・パーク事件(1942) | ★★★☆(3.5)
マローン殺し マローン弁護士の事件簿(1)(1958) | ★★★☆(3.5)

ウイリアム・サマーセット・モーム / W.Somerset Maugham
人間の絆 上巻&下巻(1915) | ★★★★★(5.0)

ジョン・ディクスン・カー / John Dickson Carr
火刑法廷[新訳版](1937) | ★★★★(4.0)

ヘレン・マクロイ / Helen Worrell Clarkson McCloy
暗い鏡の中に(1950) | ★★★(3.0)
幽霊の2/3(1956) | ★★★★(4.0)
殺す者と殺される者(1957) | ★★★☆(3.5)

香月日輪
妖怪アパートの幽雅な日常(2003) | ★★★☆(3.5)

三上 延
ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常(2011) | ★★★☆(3.5)
ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち(2011) | ★★★☆(3.5)

その他
忌野旅日記(1986) | ★★★☆(3.5)
荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論(2011) | ★★★☆(3.5)

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

肉球 ランキングに参加してみました。よろしければクリックお願いします ^^
kao03 拍手とかコメントなどもしていただけますと嬉しいです うさぎ
■ まとめ(本) | Comments(0) | Trackback(0)
2015/10/11

「ゲームサイド」シリーズ(ρ_;) 休刊

■ 「ゲームサイド」シリーズ 休刊のお知らせ



色々とあってジャンル別の刊行になってからは購入していませんでしたが、ユーズドゲームズの頃からずっとずっと大好きでした。

写真には写っていませんが、実家に「ユーゲーDX」もあります

レトロゲームに焦点を当てた唯一の雑誌だっただけに今回の休刊は残念でなりません うわぁぁん。

■ 2008/09/10 天国に逝っちまったんだなぁ。
この頃と同じ喪失感、、、

行きつけのゲーセンが無くなった時(2012.4.15 - アリス金山店 閉店)もそうでしたが、「時代の流れ」という一言では片付けたくない複雑な気分です(ρ_;)

レトロゲームに限らず今はゲーム業界そのものが元気がない状況なので難しいかもしれませんが、また違った形で構いませんので名作ゲームを取り扱っていただけたら嬉しいです。

今までたくさんのゲームを紹介くださり、ありがとうございました

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

肉球 ランキングに参加してみました。よろしければクリックお願いします ^^
kao03 拍手とかコメントなどもしていただけますと嬉しいです うさぎ
■ ゲーム | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。