2015/01/25

「ウォーキング・デッド」が面白い!(ちょいネタバレ注意)

今更かもしれませんが 面白いですね。
管理人はやっとシーズン2が終わりました

結構な周回遅れですが、次の物語の展開が気になりすぎて、ついついネットであらすじを検索してしまうぐらい楽しんでいます。

、、、あんな終わり方をされたらアンドレアがどうなってしまうのか、そう思ったら検索せずにはいられませんでした。で、調べて少しショック。お気に入りのキャラなんだけどなぁ。

しかし ほんと海外ってゾンビが好きですよねぇ。

そんなに私はゾンビは好きじゃなかったのですが、「バイオハザード」と「LEFT 4 DEAD」で知らない間に好きになっていました。

映画でも「ゾンビランド」「ウォーム・ボディーズ」など、気がついたらゾンビ映画を手にとっている始末。どうやらゾンビには謎の中毒性があるようです。

■ シーズン2の感想(+少しゲームの話)
シーズン2は森と農場が物語の舞台となる。

簡単に説明すると農場で行方不明になったガキを皆で探していただけという酷い内容なのですが、そこは「ウォーキング・デッド」の優秀な製作陣です。シーズン1と同様にドロドロとした人間ドラマが展開されていきます。

私が「ウォーキング・デッド」が優れている作品だと思っている要素は2点あって、1点目が「ただのゾンビ映画ではない」という点です。この作品を観ると思いますよね。ゾンビより人間のが怖いなぁと。

2点目は「とにかくドラマチック」な点でしょうか。やっぱり物語が良いですねぇ。ゲームが好きな方なら昔のスクウェア(「ゼノギアス」ぐらいまで)のゲームを楽しんでいる感覚に近いと思っています。誰が死んでもそこにはドラマがあって、決して安っぽい死にはなっていないのです。

話が脱線しますが、アーケードの「スプラッターハウス」というゲームをご存知でしょうか。確かWiiのVCで出ていた記憶がありますが、私は「ウォーキング・デッド」を観て、あの作品のリックとジェニファーの再開シーンを思い出しました。そうです、「Help me」が「Kill me」に変わるアレです。。。

昔はできていて、なぜ性能が上がり表現方法が増えた現在のハードにおいて「スプラッターハウス」のようなドラマチックな日本のゲームが遊べる機会が少ないのか、非常に残念に思います。

そういう意味ではドラマチックな展開をプレイヤー自身が創る事ができるというゲームスタイル(システム)を採用した「LEFT 4 DEAD」はゲーム史に残る名作だと思っているので、なんとかXbox Oneでリマスターして欲しいものです。

とりあえずローリが死んだら教えてくれ





blogram投票ボタン

肉球 ランキングに参加してみました。よろしければクリックお願いします ^^
kao03 拍手とかコメントなどもしていただけますと嬉しいです うさぎ
スポンサーサイト
■ 映画 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示