2015/06/14

MONSTER HUNTER 4G(2014年.3DS)

フィールドに段差や傾斜の要素を取り入れた前作「MH4」の続編。
ついにG級が解禁。

MONSTER HUNTER 4G
2014年、CAPCOM、ハンティングアクション、公式サイト
このゲームは理不尽な要素を増やしすぎた。次回作での路線変更(?)は賢い判断ではないでしょうか。



----------------------------------------------------------------
◎:良い点 | ▲:どちらとも言えない点 | ×:駄目な点
----------------------------------------------------------------

◎ G級クエスト&G級探索の解禁で事実上の完全版。
◎ キック機能の追加
◎ 生産武器への極限強化の追加
◎ 抗竜石の導入によって地雷を回避することが容易となった
◎ ディレイ起き上がりの追加
◎ 旧砂漠の復活(それに伴いモノブロスなどの歴代のモンスターが復活)
◎ 自動発言機能の追加

▲ ギルクエの上限が140となった

× 武器間のバランスが良くない(新武器が優遇されすぎていて、歴代の武器の扱いが酷い。太刀、ハンマー、スラアク、ランス、ガンスは息していない)
✕ 極限化モンスターのつまらなさ
✕ オンラインにおいてのプレイヤーモラルが著しく低い(改造の蔓延など)
✕ オンラインチャットやりにくすぎ(デフォで携帯入力にしてください)
✕ オンライン関連がとにかく糞(前述の携帯入力、フレンドの部屋の状況が相変わらず不明、募集文で部屋名が検索できないなど)
✕ システム関連もだいぶ糞(なぜ装飾品を一括解除できないのか、あと極限化全般)
✕ 理不尽な攻撃モーションの追加(シャガルの地雷、ご苦労のファンネルなど)
✕ ギルクエマップに糞マップが追加(結晶エリアなど)

----------------------------------------------------------------

「カプコンのいつもの悪い癖が出ちゃったねぇ 」という印象。
昔からカプコンは「難しさ」と「面白さ」を勘違いしているとウチは思っています。

「難しさ」が「そのゲームの面白さ」に直結するケースはありますが、そんな作品は極めて稀である(「ゴッドハンド」や「ヴァンキッシュ」は大好きだよ)。だが、何事にも限度というものが存在する。

このゲームは理不尽な要素を増やしすぎた。Amazonでの低評価は極端過ぎるとは思いますが、否定的な意見を述べたくなる気持ちは十分に理解できる。全ては「ストレス>>面白さ」なんだよね。

✕の項目に記述された前作からの不満点を改善させず、ただ理不尽な要素を増やしただけの作品が高い評価を受ける事はない。なぜクック先生が先生でなくなってしまったのか? 極限化の導入やテオのスーパーノヴァを改悪した今作の開発には、その意味がわからないことでしょう。



評価:★★★☆

----------------------------------------------------------------

レビュー時のプレイ時間>プレイ時間:364時間16分
その他のゲームレビューはコチラ
スポンサーサイト
■ ゲームレビュー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示