2015/11/15

ラッシュライフ(2002) - 伊坂 幸太郎

読了 読んだ伊坂さんの本は今作で2作目(1冊目は「終末のフール」)。

確かに騙されはしたが、結局何がしたかったのか良くわかりませんでした 。もっと一人ひとりの登場人物の人間模様を丁寧に描いて欲しかったかなぁ。

----------------------------------------------------------------
泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場―。並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる。
----------------------------------------------------------------

5つの視点で進む「一枚の壮大な騙し絵」
確かに騙されはしたが、結局何がしたかったのか良くわかりませんでした

このクオリティの作品を2作目で出したという事実は素直に凄いと思うし評論家にも高評価だと思うのですが、肝心のバラバラ死体の事件(ミステリー要素)とそれを取り巻く登場人物によって進行していく物語(群像劇)の繋がり方が、、、結構無理矢理感があるなぁって。

なんか素直に感動できなかった自分がひねくれているのかもしれないですが

群像劇の魅力ってこんな感じなのって。もっと一人ひとりの登場人物の人間模様を丁寧に描いて欲しかったかなぁ。所々に入れてくる小ネタ(キューブリックのとか)、確かにそうだけど、、、そこで使うのはなんか違う。

読了後、「枝と幹は立派だが、根っこがいまいち・・・な作品」というAmazonのカスタマーレビューの内容にこんなにも深く共感を覚える作品も珍しい

同じ群像劇というテーマの作品であれば、チュンソフトの「街 〜運命の交差点〜」の方が何倍も優れている作品だと私は思いますね。小説とゲームという媒体の違いこそありますが、もっともっと文章でも人の心を感動させることはできるはず。

(その証拠に4年後に発売された「終末のフール」は本当に面白かったです)。

その他の本の感想はこちら

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

肉球 ランキングに参加してみました。よろしければクリックお願いします ^^
kao03 拍手とかコメントなどもしていただけますと嬉しいです うさぎ
スポンサーサイト
■ 読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示