--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/09/10

愛知もか・・・。

ついに愛知も来ちゃったよ( ゚Д゚)y─┛~~

愛知の2社も転売=政府から購入の事故米

最近の愛知はヤバイ。超ヤバイ。ちょっと前に起きた愛知女子高生殺害事件の犯人は、まだ捕まってないし(捕まってないはず)、つい先日は愛知クレーン殺人(これもまだ捕まってねぇ)が起こったばかり。そして米の転売とか、もうね( ´△`) 農水省マジ責任取れよ。

BIOSの色々(続き)( ゚Д゚)σ

■ Phenom独自のメモリー動作モード
「Gangedモード」と「Ungangedモード」がある。前者はデュアルチャンネルと同等で、後者は2個のメモリーコントローラーがそれぞれ独立して動く。マルチスレッド性の高いソフトでは後者のが有利だけど、処理によっては逆もあるっぽい。

■ フラッシュメモリーに簡易OS「Express Gate」
「P5Q Deluxe」に搭載。BIOSメニュー→「Tools」→「Express Gate」を「Enabled」にする。AHCIやRAIDの設定をする時にドライバを事前にWebサイトからダウンロードしておける。MSIのマザボ「P35 Neo3-EFINITY」にはBIOSの代わりに「EFI」(intelが提唱した次世代BIOS)が搭載されている。従来のものに比べ多機能なのが特徴。OSの起動前にHDDのバックアップやゲームができるらしい。

■ Hybrid SLI
NVIDIA製のチップセット搭載マザーボードとグラフィックスボードで実現する機能。低負荷時はVGAを休ませ、性能と消費電力を効率良くする。Hybrid SLIはオンボードグラフィックを使用する為、BIOSで設定した後に対応ドライバーをインストールする必要がある。

■ オーバークロック関係
intel系はベースクロックを上げる事になる。ベースクロックを上げるとPCI Expressの周波数も上がるので、オーバークロックした後はPCI Expressの動作周波数を通常の100MHzに再設定しよう。あと「SpeedStep」を無効にするのも忘れずに。昔はオーバークロックしてたけどデフォルトでも支障がなかったからデフォルトに戻しちゃった。

■ BIOSのS/PDIF関連の設定
「SPDIF Output」か「HDMI Output」が選択できる。後者はグラフィックスボードのHDMI端子からデジタル音声信号を出力したい時に使う。ボード上にデジタル信号を入力できる端子があれば、その端子とマザボ上のS/PDIF端子を繋げば、VGAのHDMI端子からグラフィックス信号と音声の信号を一緒に出力できる。その場合はBIOSで「HDMI Output」に設定する。

■ BIOSで設定できるスタンバイのモードなど
BIOSで設定できるのは「S1」と「S3」。S1(CPUのクロックは止めるけど電力は供給したまま)、S3(メモリーとチップセットの一部に電力を供給して後はオフ)。S3のが消費電力が少ない。通常は「Auto」になってるっぽい。Vistaの場合は「ACPI 2.0 Support」も有効にする必要があるらしい。

■ ドライバの要らないRAID機能「Drive Xpert」
サポート情報を参照。以前に勉強したように起動ドライブは無理みたいだ。ちょっと使ってみたい機能だなぁ。



↑ ランキングに参加してみました。クリックお願いします ↑ ^^

スポンサーサイト
■ 自作PC | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
確かに豊田市の女子高生殺害事件全然捕まりませんね。
警察は何をやっているのやら・・・・・・・・

にしても、最近愛知県は凶悪な事件多いですね・・・・・
怖いです・・・・・・
早く
捕まって欲しい。とりあえず米を転売した会社は全て潰れて欲しいわ。毒餃子とか偽装ウナギとか、そういう次元の問題じゃないと思う。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。