--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/10/27

春のオルガン(1995) - 湯本 香樹実

読了( ゚Д゚)σ 色々あって、すげぇ時間がかかった。

春のオルガン (新潮文庫 ゆ 6-3)春のオルガン (新潮文庫 ゆ 6-3)
(2008/06/30)
湯本 香樹実

商品詳細を見る

ちょっと(というかだいぶ)子供向けでした(汗) 中学生ぐらいの女の子なら共感できる点が多いかも。子供は大人を見て育つ。「エサやるから猫がたまるんでしょ。猫がたまると、じゃあそこなら捨ててもいいのかなって」。そんな大人には絶対になりたくない。時には子供の視点になって一緒に物事を考えてあげれる。そんな大人にウチはなりたい。

んで、宮部みゆきの「蒲生邸事件」の読書を開始っ。久しぶりの宮部本です。評判いいので楽しみ☆



↑ ランキングに参加してみました。クリックお願いします ↑ ^^

スポンサーサイト
■ 読書 | Comments(1) | Trackback(1)
Comment
No title
トラックバックお待ちしています。

管理者のみに表示
Trackback
きのう小学校を卒業した。今日から春休み。でもなんだか私の頭はもやもや。隣の家との争いが原因で、家のなかもぎくしゃく。ひょろひょろ頼...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。