--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/11/14

くそっ! ゲイツめ・・・。

黙々と「Oblivion」をプレイする。

やっと少しシステムを理解できた(注:プレイ時間50時間突破してます)。このゲームは奥が深すぎる 絵文字名を入力してください やっと鍛冶スキルが50(ここからマジックアイテムの修理が可能になるのです)になって武器や防具に魔法をエンチャント(付加)できるようになりました(ちなみに魔法を合成して新しい魔法を作成する事も可能です。しかも武器も魔法も好きな名前をつけられる&それぞれの効果の強度や範囲などの調整も可能。ヤバスギル)。エンチャント楽しい☆

ちなみにマジックアイテムは使用回数があって、回数が0になったら普通の武器になっちゃうっぽい。ここで登場するのが、チャージ⊂⌒~⊃。Д。)⊃ そして、魂縛システム。魂石というアイテムを冒険で入手するor魔法ギルドから購入して、敵の魂を魂石に入れて使うと使用回数をチャージできる!(ちなみに魂石には極小、小、中、大、極大の5種類があって、敵によって魂の大きさが違う&入れる魂の大きさより魂石のサイズが大きくないとダメとか、マジややこしい・・・)。ほら、頭が痛くなってきた 汗

とりあえず帝都の激安屋でスキャンプ召喚の魔法を購入。適当に他の魔法で召喚スキルを25まで上げて、街の外でスキャンプ召喚! そして、召喚した魔物に背後から魂縛(小)の魔法をかけて・・・。

殺してでも奪い取る(w゜□゜)w

これで手持ちの「アズラの星(何回使ってもなくならない魂石のようなもの)」に小(小のチャージ量は300。ちなみにもうちょっと悪い事をすると人間も魂縛できるらしい)だけど魂縛できた。これでいつでも気軽にマジックアイテムをチャージできる jumee☆peace2 「Oblivion」奥が深い! 「Oblivion」面白い! 「Oblivion」マジ神ゲー!

・・・。

・・・・・。



ちょw おまwww



↑ ランキングに参加してみました。クリックお願いします ↑ ^^

スポンサーサイト
■ ゲーム | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。