--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/06/13

最近のデュアルチャンネルは優秀なのね。

ほんの少し業界を離れてたら自作パーツとかサッパリわからねぇ( ´△`) これじゃヤバイと思って、管理人がネットや本などを見て「へぇ、こりゃ面白そうだな」と思った事を適当に書くカテゴリーです。

最近のデュアルチャンネルの話
基本はA、Bと両チャンネルに同じ種類・同じ容量のメモリーを1本ずつセットして装着という知識は古いらしい。915シリーズ以降であればA(1GB)-B(512MB*2)の合計2GBでデュアルが可能。ようするに両チャンネルの容量さえ同じであればOK。

んで、965シリーズ以降の場合はA(1GB)-B(512MB)でもOKなんだって。この場合は両チャンネルで同じ容量の分(ようするに合計で1GB)はデュアルチャンネルで動く。「インターリーブ」構成というものになるらしい。優秀だなぁ。

NCQ(Native Command Queuing)の復習
HDDのランダムアクセス性能を向上させる。使用方法はBIOSでAHCIを選択。次にXPインストール時にF6でフローッピーからAHCIドライバーを導入(Vistaは標準で持ってるので必要ない)。NVIDIAのチップセットの場合は普通にOSをインストールして、その後チップセットドライバーと同時にNVIDIAのSerial ATAドライバーを組み込むだけでOK。デバイスマネージャーからEnable Command Queuingにチェック。Geforce 8200など、一部のNVIDIAチップはBIOSでAHCIを選択するだけでOKらしい。

※ AHCIモードの時の方がIDE互換モードの時と比べ、Windows XPの起動時間が約6秒ぐらい早くなる(だいぶ変わるじゃん・・・)。

PhenomのUngangedモード
シングルチャンネルに特化したモード?どうやって設定すんだろ( ゚Д゚)y─┛~~

オンボードRAID関連の復習
BIOSでRAIDを選択してRAID BIOSでボリュームを作成。その後にインストール。
intelチップの場合はCTRL+Iで、AMDの場合はCTRL+F。またNVIDIAチップの場合は、HDDごとにRAID機能を使うかどうかを設定してインストール時に画面に表示されるドライバーを2つ組み込む必要がある。RAID作成画面は起動時にF10。

よし、今日の勉強はこれで終了だ。



格安の液晶アーム
この値段で縦も横も可能!?すげぇ・・・。

Shuttle KPC K45
これ安い!これイイ!5インチベイがないので注意。これ欲しいなぁ。

PSPを大画面で楽しむ PSPJ-15013
オシャレ~ヘ(´ー`*) D端子で接続できるテレビ持ってないので残念だけど。なかなか面白いパーツだね。

Cordless Desktop EX 100(EX-100)
直販で¥3,980( ゚Д゚)σ 安い♪

マイクロソフト VistaのMedia Centerを地デジに対応
テレビのニュースで見た。まだ微妙だな・・・。

スカイテック microATXマザーも入るMini-ITXケース
なかなか良さそうじゃない?デザインもカッコイイし。
スポンサーサイト
■ 自作PC | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。