--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/01/21

チェック。ダブルチェックだ。

観た。原作は読了済。ドラマは未見です。

クライマーズ・ハイ (Blu-ray Disc)クライマーズ・ハイ (Blu-ray Disc)
(2009/01/01)
堤真一堺雅人

商品詳細を見る

なかなか面白かったです キラキラ(オレンジ) 話のテンポが良いですね。最初から最後まで緊迫するシーンの連続で退屈すること無く楽しめました。原作を読んで上手くイメージできなかった「衝立山」のイメージがハッキリしたのが一番うれしかった。凄まじい角度、凄まじいカメラアングル。。。新聞の製作現場の再現もリアリティがあって素敵でした。慌しい。。。

ただ、残念だった事は、原作で登場した重要な人物(しかも数人)が映画に登場しないこと(っていうか、最初から居ない事にされてる?)。これは酷い。あと最後のシーンは完全に蛇足だろう。一瞬「え?なんか別の映画が始まった?」とか思ってしまった・・・。山の頂上で天を仰いで終わりでいいじゃん 無言、汗 なんだその最後。こんな最後を付け加えるぐらいなら他の部分の描写を強化して欲しかった。あと原作で死んでいない(はず)人が死んでる。えー( ´△`) ってカンジ。最後の主人公と社長の対決も言葉の意味がだいぶ違う・・・。がっかり。

主人公役の堤真一さん、佐山役の堺雅人さんをはじめ、役者の方達の演技は素晴らしかった! 特に堺雅人さんの演技がカッコよすぎた(なんか若いウッチャンに見えたw)。もう原作を読んで抱いていたイメージそのままでした(っ´∀`)っ 良かったー。

ただ全体的に人間関係の描写が弱いかなと。たぶん原作を読んでないと人間関係がイマイチ見えてこなくて物語についていけないと思う。惜しい。60/100点。

原作 → 映画の順番がオススメです。



肉球 ランキングに参加してみました。クリックお願いします ^^

スポンサーサイト
■ 映画 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。