--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/06/26

映画:「手紙」

どうも( ´△`)ノ 洋画大好き&原作厨(邦画限定)&キューブリックヲタという、どう考えても変人な管理人です。今更だけど映画の「手紙」を見ました。ちなみに原作は読了済です。でもイマイチ話を覚えてない罠。そんな状態で見てみました。

この映画って公開当時にネットでの評判が良くて、原作の東野圭吾も大好きな作家さんなので、どうしようか迷ったけど一緒に行く人がいなくて( ;∀;) 結局いかなかった映画なんだけど、評判通り良い映画だったよ。

まず物語の構成が上手い! 原作を読んでない人が見ても楽しめる内容になっている点が素敵。これって簡単な事だと思っちゃうんだけど実は激しく難しい事なんですよね。最近テレビで見た浅田次郎原作の「地下鉄(メトロ)に乗って」が失敗しちゃった例だよね。原作読んでるのに(まぁ、いつものようにほとんど記憶に残ってなかったけど)、展開が早すぎたのと説明不足が手伝って物語についていくのがやっとでしたから。今回の「手紙」は「原作を読んでない人が見て楽しめる作品」で、さらに「原作を読んだ人でも楽しめる作品」だから素晴らしいです☆ 洋画ばっかであんまり邦画は詳しくないんだけど、この前の「それでもボクはやってない」も良かったし、邦画も悪くないですね~ヘ(´ー`*)

次に演技なんですが、登場人物全員が素敵です。特に沢尻エリカ( ゚Д゚) かわいい。ニュースでみた不機嫌なエリカ様ぐらいしか彼女の事を知らなかった自分を恥じました。良い演技だわー。山田はいつもキツイ役( ´△`) 「白夜行」に続いて今回も。こういう役ばっかで少しかわいそう。「白夜行」の頃と比べて演技に迫力があった。皮ジャン似合う&カッコイイで少し羨ましいw

そしてエリカ様がずっと○×してくれた辺りからウチの原作の記憶も蘇って来て(おそいw)、ラスト30分はティッシュ必須でした( ;∀;) ありえん。なんだこの完成度の高い映画は・・・。これは映画館に行かなくて良かったかもしれない。もし行っていたら感動が止まらなくて危険だったかもしれないw

公式サイトの予告を見て、「東野圭吾って最近ブームの作家でしょ?」とか、小田和正の歌を聴いて「どうせ、なんちゃらの中心で愛を叫ぶ映画と一緒なんでしょ?」と思ってしまったウチと同じひねくれ者のアナタ! そう思った人は絶対に見た方が良い。人間の命の尊さ、人生の厳しさ、大切な人を想う気持ち、人の暖かさ、生きていく元気などを考えさせられました☆

・・・どうも最近は歳をとったせいか涙もろくなってしまって困る俺ガイル。秋には「容疑者Xの献身」がやりますよね。某掲示板的な表現で「いまけ」する予定なんですが、都心の都会の映画館に行く事になるのでヤバそうだ(´-`;) ハンカチ持って行かなきゃ!

★ ランキングに参加してみました ★
☆ 1日1回までみたいです。よろしければクリックお願いします ☆



スポンサーサイト
■ 映画 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
え?都心の映画館?どういうことYO?
容疑者Xは俺も絶対見に行くぜ。
ごめん。
ボケてたので修正したw ツッコミありがとうです。
一つ上の記事のリバイバルが東京でしかやってねぇ(よくある事)っていうなら、映画の為「だけ」に本気で東京に行く気ありまくりんぐでしたけどねw

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。