2009/11/30

星に願いを。

ガチで親父が死にそうだ。

その事実が目に見えない凶器となって僕を襲う。

病名は特発性の間質性肺炎(慢性的な関節リウマチを患っていたので突発性とは言えないかも)だそうです。

いつも家に帰ると親父が居て、一緒にテレビで野球やK-1とか観ていた。でも、昨日のボクシングは独りで観た。人間っていうのは馬鹿な生き物だから、大切なもの(人)を失ってから、その存在に気がつくんだ。

親父が入院して2週間が経過した。精密検査の結果は未だ出ない。熱が下がらず常に38℃~39℃の発熱が見られる。自力での歩行が困難になって来た(トイレに行く途中に転んだらしい)。


言葉に詰まる。悔しい。無力なのかよ。

blogram投票ボタン

肉球 ランキングに参加してみました。クリックお願いします ^^

スポンサーサイト
■ 僕にできること | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示