--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/01/10

チョコレート・ファイター

以前から観たかった映画 kao03 準新作になったのでレンタルで。



2008年@タイ映画。ブルース・リーのごとく吼え、ジャッキー・チェンのように高所で戦い、ジェット・リーのように華麗に舞う(by amazon商品説明)



主人公は生まれながら脳の発達障害を患っている女の子ゼン(ジージャー・ヤーニン)。「Yuki」とか「チャット」の「えっちゃん」っぽい わほー かわいいです。



なかなかアクションは本格的で良かった。バシバシとハイキックで敵を倒して行く姿は見ていてスカっとします。ただ一つだけ注文をつけるなら、受ける部分が全然なかったこと。女の子だからしょうがないのかもしれないけど、ちょっと物足りなかったなぁ。



やっとこさ強そうな奴が登場したと思ったら、まさかのジャージ野郎w なんだよコイツ「闘え!応援団」の間違いじゃねぇのかよって思いながら観てました。なんか動きもキモイし。



突然に始まる殺陣シーン。なぜか壁にかけてある日本刀を手にタイのマフィア達が襲い掛かる! そして、問答無用で銃で殺す阿部ちゃんw 卑怯というか、申し訳ないけどコイツのシーンいらないだろうw 自己主張しすぎでバランス悪いよ。



とりあえず色々とツッコミ所は多い。母親の傷そこまで酷くないだろ。どんな薬使ってんだよとか、テレビで見た体術を一瞬で習得する能力を主人公が持ってるとか(確かにダウン症だけど、めちゃくちゃ字が上手くて天才的な人とかいるけどさ)、特に後者の要素は安直すぎるかなと思った。「強くなるんだ!」という動機が弱すぎた。個人的には「ロッキー」のように少しずつ強くなっていく過程が好きなのです。当然、ウチは「チョコレート・ファイター」にも、そのような要素を期待していたので、その点については残念でした。

色々と不満ばかり書いてしまいましたが、細かい部分(敵側のボスがとてもマフィアにボスに見えなくて落ちぶれたミュージシャンにしかw)を気にしなければ普通に楽しめるのでオススメです。題名は「チョコレート・ファイター」ですが、内容は全く甘くないかと。どちらかというとビターヾ(´ー`)ノ 特に後半の建物の壁面でのアクションは呼吸をするのも忘れてしまうぐらいの緊張感! ぜひ観て欲しいですね( ' - '*)

レンタルだったのでメイキングが無かったのが少し残念。メイキング観たい・・・。

チョコレート・ファイター [DVD]チョコレート・ファイター [DVD]
(2009/09/18)
"ジージャー"

商品詳細を見る

ちなみにamazonは、かなり辛口(ってかネガキャン?)。なかなか面白かったけどなぁ(/x_x)/

blogram投票ボタン

肉球 ランキングに参加してみました。クリックお願いします ^^
kao03 拍手とかコメントとかしていただけると、とても嬉しいです うさぎ

スポンサーサイト
■ 映画 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。