2010/02/22

川本真琴 - 音楽の世界へようこそ

どうも 宣言通り2枚かったぜ! ・・・HMVは特典ついてこなかったけどね(涙 ライブ音源は聴きたかったなぁ。

とりあえず二日間ほど聴いた感想。

音楽の世界へようこそ音楽の世界へようこそ
(2010/02/19)
川本真琴 feat.TIGER FAKE FUR

商品詳細を見る

一番最初は歌詞も何も見ずに聴いた。ただ驚くばかりで混乱してしまった。ウチの「川本真琴」のイメージと全く違う

こりゃ敷居が高いですよ(汗

まぁ、9年も経てば音楽性も変わりますよね。聴きやすくキャッチー、耳に残る早口フレーズが特徴のファースト、複雑、とにかく煌びやかなサウンドのセカンド、そしてありのままのサード。今作は曲間に鳥の声や波の音が入っていて(歌詞や曲名なども自然を意識させる言葉が多い)、ある種のコンセプトアルバムみたいだ。ただ、人によってはセカンドより敷居が高いかも(逆もありますけどね。ちなみにウチはセカンドが好きだ)。

でも、歌詞を見ながら再び聴いてみたら、ぐっと良くなった。以前のような軽快なサウンドは完全に姿を潜め、全体的にスローテンポな曲が大半を占めている今作。一言一言吐き出すように歌う彼女の声は何を伝えているのか。特に8曲目の「クローゼット」までの展開はファースト~セカンドでの彼女を知っているウチでも、さすがにギャップの違いに戸惑ってしまった。

9曲目の「縄文」。ここから少し明るくなる。波の音を聴き、流れる「ポンタゴ」。歌詞を見ても「ポンタゴ」の意味はよくわかんないんだけど、良い曲だ。吸い込まれるような高音。

- 大きくなったね おいで 初めから知っているね わたしの場所

この曲に本当に救われた気がした

8曲目までの展開と、9曲目からの(なんとなく)明るい展開が本当に対照的ですね。13曲目の「マギーズファームへようこそ」なんて、かなりセカンドを連想させるサウンドだよね。

聴き終わった後、なんとも言えない複雑な気持ちになった。このモヤモヤした気持ちを晴らしたくて、本屋に駆け込んで「MUSIC MAGAZINE」を買って来たよ。

MUSICMAGAZINE(ミュージックマガジン) 2010年 03月号 [雑誌]MUSICMAGAZINE(ミュージックマガジン) 2010年 03月号 [雑誌]
(2010/02/20)
不明

商品詳細を見る

「川本真琴」の新譜についてのインタビュー(4ページ!)が掲載されています。かなり読み応えのあるインタビューだったよ。ちょっとだけ紹介。

■ 自分の土台を作ろうと思って創った(セカンドは構築しすぎた)
■ 「1/2」「桜」とかヒットする曲をずっと創っていくのが辛かった。自分の広がりが無いと感じた。
■ でも、今作は「川本真琴」名義で出した。
■ 「クローゼット」「何処にある」「ポンタゴ」は発見が多かった
■ 人生が凄い不安なんですよ、本当に!

自分自身、そして音楽というものに対して、かなり葛藤した気持ちが文面から伝わって来た。前述した前半と後半で全く展開が違うっていう所も、そういう葛藤(そして試行錯誤した、そしてこれからも歩んでいくぞという彼女の意思)の表れなのかなぁって。

- 包まれるように 語りかけるように 澄みわたるように 手を広げるように はじめましてベイビィ(by 小鳥の歌。このフレーズで彼女の音楽の世界は幕を閉じる)

歌詞を見ながら何度も聴いていたら、今度は逆に前半が好きになって来たw 特に「ウグイスー」が良い! ウグイスーw 時と共に人は変わっていく。9年の葛藤が詰まったサード。どれが一番だなんて比べられないね。やっぱり「川本真琴」は天才だなと再認識させてくれた一枚。

さぁ君も( ' - '*) 音楽の世界へようこそだ。

blogram投票ボタン

肉球 ランキングに参加してみました。よろしければクリックお願いします ^^
kao03 拍手とかコメントとかしていただけると、とても嬉しいです うさぎ

スポンサーサイト
■ 音楽 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
記事紹介ありがとうございます。
こんにちは。はじめまして。
「音楽の世界へようこそ」を聞いています。

こちらの記事で紹介していただいたインタビューを掲載した Music Magazine、幸いに古本で安く手に入れることができました。

インタビューした志田歩さんのブログにも少し記事がありました。
http://shidaayumi.jugem.jp/?eid=76

※ ポンタゴは飼っている(飼っていた)猫の名前由来だそうです。ポン太と田子作。
Re: 記事紹介ありがとうございます。
はじめまして。

好きな事を好きなように書いているだけの私の記事が思わぬ所で
お役に立てたようで、とても嬉しいです。

「ポンタゴ」はペットの猫の事なんですねぇ。どうりで可愛らしい歌詞・歌なわけだ。
好きな曲がさらに好きになりました。ありがとうございます♪

まだまだ「川本真琴」は大好きで、最近は少し時間的な余裕がないのでblogには書いていませんが、
少し前に出たBDの「KING SIZE BEDROOM TOUR」はとっても素敵でした!
(2001年なので2ndメインになっちゃうけど)

名古屋でライブをしてくれたら行くんですけどねー(∩∀`*) 東京とかは遠い...
King Size Bedroom!
こんにちは。返答ありがとうございます。

2013年6月に川本真琴がFM放送でライブ出演でした。お聞きになりましたでしょうか。ウグイスやアイラブユーもとってもきれいな声で歌っていました。この人、ライブで生き生きしますね。

私は大いに遅れて来た川本ファンで、2013年に初めて存在を知りました(飲食店内の有線で「桜」を聞いた)。

YouTube で見たTV出演で桜を歌う姿にヤラレてしまいました(歌詞忘れたり)。ところがその次に視聴したのが DNA や 1/2 ではなくて KSBR ライブの Fragile と Heart なんです。すばらしい演奏ですね。Blu-Ray 買いました…。
Re: King Size Bedroom!
ラジオでライブされてたんですね。
残念ながら知らず。゚(*´□`)゚。 聴けませんでした。
3rdの曲はアルバムでしか聴いたことなかったから、聴いてみたかったよー。
「桜」の次が2nd曲って、また一気に駆け抜けましたね。
「Fragile」は私も大好きで、一番ライブで聴いてみたい曲です。

なんだか今年はワンマンツアーをやるかも?って噂もあるし、
その時に聴けたら嬉しいなぁ( ' - '*)

管理者のみに表示