2010/05/19

処刑人@1999.アメリカ・カナダ合作

観ました



法で裁けぬ悪人どもに、死の制裁を!

ただのアクション映画だと思って観てみたら良い意味で期待を裏切られた作品。とにかくデフォー(FBI捜査官の人)の演技が素敵すぎます。



超好きだw この人w 途中で素に戻った所(吹き飛んだロッコの指を見つけた時)なんか最高だったw 女装のシーンも必見です。



悪人なら殺しても問題ないというカンジで物語は進みます。それが正しいかどうかは別としてウチは嫌いじゃないよ。「毒を持って毒を制す」という単語もあるしね。ただ、観る人によっては評価が激しく分かれる映画だと思うので注意。個人的には作品全体から感じられる監督のセンスに驚きました。これがデビュー作とか・・・びっくりだ!

それにしても最後の法廷での処刑シーンはインパクトありますよ。素直にカッコイイ! 今月末に「処刑人II」が公開されるようです。なんか普通のアクション映画になっていそうで不安ですが、どんな映画になっているのか気になりますね♪

blogram投票ボタン

肉球 ランキングに参加してみました。よろしければクリックお願いします ^^
kao03 拍手とかコメントとかしていただけると、とても嬉しいです うさぎ

スポンサーサイト
■ 映画 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
僕好きそうな映画だなぁw 悪を討つため悪になる矛盾が良い。
最近の世界情勢を考えても、汚れ役を買ってでるヒーローを求める気持ちが、強まってる気がしますね。
オススメですよ♪
Quentin Tarantino(レザボア、パルプなど)、David Fincher(セブン、ファイトクラブなど)などの監督の映画が好きな人なら気に入ると思います。ちょっと過大評価しすぎかもしれませんが ^^;

ちなみに原題の「The Boondock Saints」は「路地裏の聖人達」という意味なんだそうです。どちらかというとこちらのタイトルの方が好きです。

あとウチは見たことないのですが漫画の「デスノート」と比較している方のレビューを見まして、ちょっと「デスノート」が気になっていたりしますw

> 悪を討つため悪になる矛盾が良い。
こういう設定はアツイですね。

管理者のみに表示