--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/02/04

本日の対戦結果と反省点。

73戦43勝30敗(勝率:58.9%)

圧倒的にウチのやりこみ不足なので当たり前なんだけど( ´ω`) 勝てねぇ。今日は上手なケン使い×2人に完敗。めくり竜巻が見えん&地味に移動投げがキツイ。あとは試しに乱入したC・ヴァイパーにわからん殺され。このキャラ嫌い。

今日の反省点

■ コンボミスとかコンボミスとかコンボミスとか。
> 何回もプレイして身体に覚えさせるしかないね。

■ スパコン&ウルコンの有効活用
> 全く有効活用できていない。もうちょっと研究しないと。

■ 首折りからの起き攻めバリエーションの増加
□ 苦無起き攻め
□ (少し待って)ノーマルジャンプから疑似詐欺飛び
□ (少し前に進んで)めくりジャンプ弱K
□ (少し早めに飛び込んで)スカし下段(2弱K)
□ (前に歩いて)低空苦無起き攻め
□ 中霞駆け→中霞駆け(強霞駆けで裏回り) ・・・こんなところ?

■ 中間距離での弱旋と中旋の重要性と2中P
> 今の自分の戦い方を見ていると、弱P・膝・3中Kぐらいしか使っていない。上手い人のプレイを見てたら、中間距離で旋を通常技みたいな感覚で使っていた。これでリーチの短さをカバーするのか( ´ω`) 勉強になりました。ただし読まれて飛び込まれては酷い目になるので、相手の飛びは事前に4中Pなどで完全に警戒させておく事。この辺りの駆け引きには自信がある。あとは2中Pですね。微妙に中間距離で置いておくと使える(要入れ込み旋or首折り入力)。また密着では6+中Kもポイントを押さえて使っていきたい。

■ 絶対に端には追い込まれないようにする。なるべく中央で戦うのを心がける。
> チャンスがあれば強霞駆けで逃げる。あと起き攻め時の甘い飛び込みもチャンスがあれば強霞駆けで拒否する。もう全てチキンに拒否だ。強霞駆けで無理な状況の場合はEX首折りも使える。現状だと起き攻めで殺されてる場面が多いと自分でも痛感しているので、まずはここから改善させていきたい。

■ とりあえず勝手がわかるまでは鎧通し固定で行ってみる
> 現状だと鎧通しのが逆転要素が高い&確定場面の研究の為。

■ vs ケン
> 相手の6中Kや2中Kが有効な中間距離で旋を上手く使う。相手の飛び込み(特にめくり竜巻)はチャンスがあれば拒否る。

■ vs C・ヴァイパー
> わからん。

■ vs フェイロン
> 烈火拳1段目に弱P、烈火拳2段目に中Kが確定。烈空脚は初段のみアーマーブレイク属性。遠目からの烈空脚は3段目だけセービングしてダッシュからコンボ確定(もちろん鎧通しも)。中間距離からの烈空脚は2中Kでスカせる。

難しいけど いぶき楽しい。

blogram投票ボタン

肉球 ランキングに参加してみました。よろしければクリックお願いします ^^
kao03 拍手とかコメントとかしていただけると、とても嬉しいです うさぎ

スポンサーサイト
■ ゲーム | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。