2012/05/08

失踪症候群(1995) - 貫井 徳郎

読了

失踪症候群 (双葉文庫)失踪症候群 (双葉文庫)
(1998/03)
貫井 徳郎

商品詳細を見る

-------------------------------------------------------------------
「若者たちの失踪の背後にあるものを探って欲しい」依頼に応えて、環敬吾はチームのメンバーに召集をかけた。私立探偵・原田柾一郎、托鉢僧・武藤隆、肉体労働者・倉持真栄。3人のプロフェッショナルが静かに行動を開始する。暴かれる謎、葬り去られる悪。ページを捲る手が止まらない「症候群」3部作第1弾!
-------------------------------------------------------------------

「必殺仕事人」貫井徳郎ver

謎の失踪を遂げる若者と<戸籍制度の抜け道>を利用した悪事?(現在は法律で罰せられるのだろうか?)と、それが原因によって起こるトラブルと人間関係。ありそうな話だ。

ちょっと「宮部みゆき」の「火車」に似ているが「火車」よりテーマは重くなく、どちらかというとエンターテインメント作品でした

物語は娘との意思疎通に悩む私立探偵・原田の苦悩にスポットライトを当て進む。仕事を優先して来た父と、色々な悩みを抱えた娘との話に少し感動。

「ちょっと武藤と倉持の活躍が少ないなぁ」と思っていたら、どうやら他の2人は2巻以降で活躍するようで 早くも次を読むのが楽しみです。

巻末の解説も本書だけでなく貫井作品全体に深く突っ込んだ解説で良かった(ただし、「慟哭」「失踪症候群」「誘拐症候群」とネタバレ全開なので注意)。「井上陽水」の「夢の中へ」を例に挙げるのも面白いね。「氷の世界」の頃の彼のイメージはなんとなく抱いていたけど、「夢の中へ」の2番の歌詞は強烈で驚いた。

-------------------------------------------------------------------

■ 読了済の本 / 貫井 徳郎
慟哭、失踪症候群

blogram投票ボタン

肉球 ランキングに参加してみました。よろしければクリックお願いします ^^
kao03 拍手とかコメントとかしていただけると、とても嬉しいです うさぎ
スポンサーサイト
■ 読書 | Comments(0) | Trackback(1)
Comment

管理者のみに表示
Trackback
読了 失踪症候群 (双葉文庫)(1998/03)貫井 徳郎商品詳細を見る-------------------------------------------------------------------「若者たちの失踪の背後にあるものを探って欲しい」依頼に応えて、環敬吾は...