2012/10/07

悪の教典(2010) - 貴志 祐介

読了

悪の教典 上 (文春文庫)悪の教典 上 (文春文庫)
(2012/08/03)
貴志 祐介

商品詳細を見る

悪の教典 下 (文春文庫)悪の教典 下 (文春文庫)
(2012/08/03)
貴志 祐介

商品詳細を見る

-------------------------------------------------------------------
とびきり有能な教師がサイコパスだったとしたら、その凶行は誰が止められるのか──ピカレスクの輝きを秘めた戦慄のサイコ・ホラー。2010年度「このミステリーがすごい!」第1位、「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、第1回山田風太郎賞。
-------------------------------------------------------------------

「貴志 祐介」にハズレなし そんなふうに考えていた時期がウチにもありました。

「きっと途中から面白くなるはず!」そう信じて最後まで読みましたが、何の盛り上がりもサプライズも無く終わりました。

貴志 祐介」というと遅筆で作品数は少ないですが、ウチの好きな映画監督「スタンリー・キューブリック」に通じる要素(常に新しいテーマにチャレンジする姿勢)が感じられてお気に入りの作家なのですが、これはさすがに擁護できません。

つまらない この一言に尽きます。

まだ「綾辻 行人」の「Another」の方が楽しめましたよ。「東野 圭吾」みたいに人気が出て作品の質が下がるのは勘弁して欲しいです

「クリムゾンの迷宮」を100点満点とするなら、「悪の教典」は12点ぐらいでした。最後の「三池 崇史」の解説も色々とありえなく「こりゃ映画はスルー安定だな」と思う事ができました。

なかなか無いですよ こんな酷い解説。

blogram投票ボタン

肉球 ランキングに参加してみました。よろしければクリックお願いします ^^
kao03 拍手とかコメントとかしていただけると、とても嬉しいです うさぎ
スポンサーサイト
■ 読書 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
読みました。
僕も読みましたが淡々としていて、あんまりおもしろくなかったです。

解説が気持ち悪いくらい最低なんだけど、あれはわざと?かと思うくらいだね…(;´д`)
Re: 読みました。
ジャイケルさんも駄目でしたか。

共感できる人は共感できるんだと思うけど、ウチは全く駄目でした。
初期作品(黒い家、クリムゾンの迷宮、天使の囀りなど)と比べると明らかに作品の質が下がっていたのもマイナスです。

管理者のみに表示