2012/10/23

2012.10.20 - 中村一義デビュー15周年記念ライブ 中村一義×サニーデイ・サービス - 名古屋 クラブダイアモンドホール

行って来ました

夢にまで見た「中村一義」のライブ ライブが始まっても自分が今その瞬間に立ち会っている事が信じられなかった。

小さな灯り消して、真っ暗にしてみる。
すると、解るよ。「僕は、今、ここにいる」。


これは夢なんかじゃない! この瞬間に僕は、今、ここにいるんだって思ったら、ただ立ち尽くすことしか出来なかった。感動。

そして、3曲目の「街の灯」ではメロディに身を委ねる事が出来た。

個人的に少し選曲は納得できず。新アルバムから一曲もやらなかったし(どうライブで再現するんだろう?と少し期待をしていた)、もっと個人的には聴きたい曲があった。でも、今は「中村一義」のライブに行けただけで幸せです。

でもでも、もし、万が一だよ、HOT STUFF PROMOTIONの設立30周年記念イベントで「YUKI」と「銀杏BOYZ」が「駆け抜けて性春」をコラボしたようにさ(参照)、「真島昌利」と「中村一義」が一緒に「ロックンロール」をしてくれる日が来るかもしれない。そんな日が来たら死んじゃうかもしれないけど。

比較的落ち着いた曲のセトリでも会場は終始湧き上がっていた。それはきっと一緒に演奏してくれた「サニーデイ・サービス」のおかげだろうと思う。このバンドについては実は名前ぐらいしか知らなくてキチンと曲を聴いた事が無かったんだけど、抜群の安定感と存在感だった。っていうかCD買ってくるわ!

1回目のアンコールは「青春狂走曲」と「犬と猫」。「犬と猫」めちゃくちゃ良かった。ここでも曽我部さんの存在感は素晴らしく「同情で群れ成して~」というパートを歌った時は歓声と、どよめきが会場から起きたほどでした。

2回目のアンコールは「恋は桃色」。こんな素敵な流れじゃ終われるわけ無い! 会場の全員がそう思っていたようで、2回目のアンコールの後も歓声とアンコールの手拍子は鳴り止まず、3回目のアンコールでは「もうやる曲ないよー」と言って「犬と猫」の「どう?」の部分を全員で唱和して幕を閉じました。

本当に魔法のようなライブでした

全体的には中村一義:(選曲とか声の安定感という意味で)75点、サニーデイ・サービス:90点な感じだったので、次回はワンマンライブでお願いします!

■ 中村一義「犬と猫」


■ 中村一義 - 恋は桃色


■ サニーデイ・サービス - 恋におちたら


blogram投票ボタン

肉球 ランキングに参加してみました。よろしければクリックお願いします ^^
kao03 拍手とかコメントとかしていただけると、とても嬉しいです うさぎ
スポンサーサイト
■ ライブ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示