2013/02/23

バレッツ(L'immortel) - 2010.フランス

仕事で疲れた時は気楽に観れる娯楽映画が最高

バレッツ [DVD]バレッツ [DVD]
(2011/06/02)
リシャール・ベリ、ジャン・レノ 他

商品詳細を見る

-------------------------------------------------------------------
かつてマルセイユの街を支配するマフィアのボスだったシャルリ。現在は愛する家族と平穏な生活を送っていた。しかしその幸せは、正体不明の7人組に銃撃され突然奪われてしまう。シャルリは全身に22発もの銃弾を撃ち込まれ、生死をさまようが奇跡的に一命を取り留める。引退後も彼を慕うカリムら3人の仲間たちが犯人を突き止めると、それは、「死んでも友達」と誓い合った少年のころから親友ザッキアが黒幕だった。復讐しようとするカリム達に「報復が戦争となり、一生引退できなくなる。足を洗うと家族に誓った」とシャルリは制止する。しかしその選択が、カリムの死に至らしめ、更に愛する家族までを危険にさらすことになってしまう。そして遂に息子が誘拐された時、シャルリは決意を胸に立ちあがるー。
-------------------------------------------------------------------

基本的に気分が爽快になる映画は観ていて気持ちがいいですね。



最初に謝っておきます。「TOYOTA ReBORNのCM」のドラえもんの印象があまりにも強すぎて、最初はニヤニヤが止まらなかった。ウチの中での「ジャン・レノ」と言ったら映画「グラン・ブルー」の「エンゾ」だったはずなのに、、、



物語の序盤。突如、全身に22発もの弾丸を何者かに打ち込まれます ショットガンをぶち込んでた奴とかもいたし、これで生還はありえねぇw

と、初っ端から思ってしまいましたがwikiを参照するとJacky Imbertという実在の人物(マフィア)が、実際に身体に22発の弾丸を受けたにも関わらず生還したとかなんとか。まぁ、ショットガンはさすがに無いと思うが、映画の演出としてはアリではないでしょうかw



昔から渋かったけど、「さすがのジャン・レノも歳を取ったなぁー」と感じた一コマ。



くどいようですが 何も考えなくてokです。基本的に復讐→ドンパチ→復讐です。おk!



黒幕との決着時に「おまえは永久に悪党だ」と吐き捨てるジャン・レノ。

「バカめ。悪は悪だ。素直に認めろ 」と言い返す黒幕。

...なんという正論w
やっぱり何も考えずに観るべき映画だと思った瞬間でした。おもすれぇー。

作中でジャン・レノは「俺をハメようとする人物がいる」みたいな事をつぶやいていましたが、最後の最後にその人物の正体が明らかになります(※ 結末は実際に作品をご覧になって確認ください)。

ただの復讐だけでは終わらないラストは実に清々しいラストでした



blogram投票ボタン

肉球 ランキングに参加してみました。よろしければクリックお願いします ^^
kao03 拍手とかコメントとかしていただけると、とても嬉しいです うさぎ

スポンサーサイト
■ 映画 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示