2013/05/31

「チャットモンチー」というバンド。

いつも朝のニュース(ZIP!)を観てから会社に出勤するのだが

チャットモンチー橋本絵莉子が妊娠、夫はtacica猪狩翔一

すげー驚いた

「そりゃもういい歳だし、結婚ぐらいするでしょー」と思ってテレビを見てたら、実は3年前に結婚してましたとか。なんじゃそりゃって(笑

【悲報】 チャットモンチーのvo.えっちゃんの妊娠&結婚発覚で本スレ住民が発狂

案の定、酷い事になっていて何とも言えない気持ちになったり

「チャットモンチー Hall In Love Tour 2009」@名古屋

ウチが「チャット」のライブに行ったのは2009年のHall In Love Tourの1回のみですが、凄く楽しいライブだった記憶があります。客層は10代~20代の若い人が多かったかなぁ。まぁ、Hall In Loveじゃなくて、(えっちゃんが)Fall in loveだった可能性があるわけだが。

2012年に発売されたアルバム「チャットモンチー BEST~2005-2011~」と「変身」がオリコン2位だった事を考えると、そりゃ隠しますよねー。でも、今回の件がドラム脱退の原因の1つだったとしたら、個人的にはキチンと発表して音楽で勝負して欲しかったなぁって。そういう意味でちょっとショック。

2010年のミニアルバム「Awa Come」ぐらいから少しずつ興味が薄れ(やっぱり音楽って心だからさ、その時々の心情が作品に投影されるんだね)、追い討ちをかけるようにドラムが脱退。その後、ベストアルバムを出した時点で完全に熱が冷めてしまったチャットモンチー。

今だ新体制を受け入れることができず「ねごと」に夢中な駄目人間なのでどうしようもないのですが、新しいチャットモンチーのえっちゃんが見れる日が来ることを願っています。ここからが本当の再スタートだろ。結婚おめでとう。

■ チャットモンチー - 終わりなきBGM - Hibiya Field Music Hall [HD]


■ chiisana kirakira- chatmonchy


やっぱり初期の曲の紹介になってしまうなぁ

blogram投票ボタン

肉球 ランキングに参加してみました。よろしければクリックお願いします ^^
kao03 拍手とかコメントとかしていただけると、とても嬉しいです うさぎ

■ 音楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/05/11

ex Negoto(2011) - ねごと

2010年にメジャーデビューした4ピースガールズバンド「ねごと」の1st

ex Negotoex Negoto
(2011/07/13)
ねごと

商品詳細を見る

-------------------------------------------------------------------
未来を切り開くロック・バンド、ねごとが初のファースト・フル・アルバムをリリース。「ループ」、au「LISMO!!」CMソング「カロン」を含む全12曲を収録。制作中に成人をむかえた彼女達のフレッシュでモラトリアムな空気感がぎゅっと詰まった渾身の1枚。 (C)RS
-------------------------------------------------------------------

数年前、「今、ねごとというバンドがアツイらしい」「これからの時代はねごとだ」というような噂を小耳に挟んだ。ただ、当時は「チャットモンチー」の全盛期(2009年~2010年頃)。そんな彼女達の勢いに勝てるバンドなんているはずがないだろう。当時、そう思ってしまったウチが「ねごと」の音楽を聴く事は無かった。

それから数年後、ふとした事がキッカケで「ねごと」の音楽を聞いて驚いた 初めて「チャットモンチー」の「耳鳴り」を聴いた時と同じ衝撃が、この「ex Negoto」を聴いた時にウチを襲ったからだ。

淡く揺れるサイダーの波は うそみたいなほら すべてを飲み込んで!
はっとしたときにためらってしまって その先に見え隠れした
ぱっときたハート 持っていくきみと 甘い泡の中溶けてゆく


1曲目の「サイダーの海」、その透き通るような声と爽やかなサウンドに「ねごと」の世界に潜り込んで耳を傾ける2曲目「ループ」と3曲目「カロン」は最高としか表現できません。キーボードの天才的なメロディに無限の才能を感じる。

残念なのは前半に飛ばしすぎて、アルバムとしてみるとバランスが悪い事 曲自体は最高なのにもったいない

ありふれてる季節が巡って ぼくは何を見つけただろう
変わってく 時間の中 いつかぼくはぼくの問いかけに
答えを出せるのだろうか

ライブでダントツに良かった曲は9曲目の「季節」。後半のトラックでお腹が一杯になりやすいという事もあるのかもしれないが、CDで聴いていたサウンドと比べて全く違ってて、圧倒的にバイタリティに溢れていた。曲名の通り「彼女達の成長」を感じた。

ただの初期衝動という単語だけでは表現することができない、無限の可能性を秘めた「ねごと」の1枚目。マストバイでしょう

■ ねごと 『カロン』


■ ねごと 『メルシールー』


blogram投票ボタン

肉球 ランキングに参加してみました。よろしければクリックお願いします ^^
kao03 拍手とかコメントとかしていただけると、とても嬉しいです うさぎ
■ 音楽 | Comments(2) | Trackback(0)
2013/02/09

YETI vs CROMAGNON - ザ・クロマニヨンズ

岡山と香川に出張でした 仕事でくたくた。

ゲームをする気力も無い。でも、不思議と毎日が充実している管理人です(もっと充実させたいなー)。気がついたら2月になっていました。

YETI vs CROMAGNON(初回生産限定盤)(DVD付)YETI vs CROMAGNON(初回生産限定盤)(DVD付)
(2013/02/06)
ザ・クロマニヨンズ

商品詳細を見る

-------------------------------------------------------------------
7枚目のオリジナル・アルバム。
先行シングル「炎」(12/12発売)、NARUTOオープニングテーマ「突撃ロック」、さらにTBSドラマNeo「イロドリヒムラ」主題歌としてオンエア中の「燃えあがる情熱」も待望のCD化。全12曲収録。初回生産限定盤には新作がいち早くライブ映像で見ることができる、スタジオライブ3曲入りのDVDが付属。アナログ盤も同時発売!

-------------------------------------------------------------------

ウチの大好きなバンド「ザ・クロマニヨンズ」の7枚目のアルバム

今作も安心&安定して聴けるクオリティです。特に途中でだれる事も無く駆け抜けるように一気に聴けるのも彼等の音楽の特徴です。

1曲目の「突撃ロック」相変わらずストレートなサウンド&歌詞がたまらないですね。特に好きな曲は5曲目の「チェリーとラバーソール」と9曲目の「炎」でしょうか。

「チェリーとラバーソール」の哀愁を感じさせるギターが好きだ。「Oi! Um bobo」の「伝書鳩」を彷彿させる名曲。

「炎 」は歌詞が素敵だ。

-------------------------------------------------------------------
読みかけの雑誌が 重なってく部屋で
永遠の夢を見る 炎のように
二人 このまま 二人
僕等はただの友達じゃない
もうただの友達じゃないんだ
-------------------------------------------------------------------

全てを燃やし尽くしてしまう象徴でもある「炎」というタイトルに対して、この切ない歌詞。でも、微塵も変な感じはしない。それは友情(絆)は炎なんかじゃ燃やし尽くせないから。もうただの友達じゃないんだ。

彼等がロックを続ける限り、ウチもロックを聴き続けるだろう。個人的には「エイトビート」「スピードとナイフ」と並ぶ名曲です





この2曲がお気に入りです。

「人間マッハ」と「ヘッドバンガー」はライブで生き残る自信がねぇや 今年はライブに2回は行く予定なんだけどなぁ。

blogram投票ボタン

肉球 ランキングに参加してみました。よろしければクリックお願いします ^^
kao03 拍手とかコメントとかしていただけると、とても嬉しいです うさぎ

■ 音楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2012/10/29

ザ・クロマニヨンズ TOUR ACE ROCKER 2012

待ちに待った「ザ・クロマニヨンズ」のライブDVDです。

ザ・クロマニヨンズ TOUR ACE ROCKER 2012(初回生産限定盤) [DVD]ザ・クロマニヨンズ TOUR ACE ROCKER 2012(初回生産限定盤) [DVD]
(2012/10/24)
ザ・クロマニヨンズ

商品詳細を見る

観ました



-------------------------------------------------------------------
はじめから 全開で 行けるとこまで はじめから 全開で 待つ事もなし
はじめから 全開で クツがぬげても はじめから 全開で 止まる気もなし

-------------------------------------------------------------------

今回のライブDVDは臨場感を重視した仕様ですね。お世辞にも音質が良いとは言えません。今日日、適当なバンドのBootlegを購入しても、ここまで酷い音質には当たらないんじゃないでしょうか。それぐらい酷い。



そう思う気持ちもわかるのですが、それよりも、このライブの臨場感ですよ(∩゚д゚)



耳を劈くような爆音にも負けない観客の呼応と歓声。何度もライブに参加しているウチが言うのだから間違いはありません。これこそ「ザ・クロマニヨンズ」のライブですよ。

一曲目のですよ、それも開始3分ぐらいでダイブする奴が何人もいるとか意味がわかりませんw



素敵な笑顔 「紙飛行機」でのマーシーの「くるくるターン」もカッコ可愛かった。

全曲が名曲なのですが、14曲目の「底なしブルー」の勢いは尋常じゃありませんね。あとやっぱり「エイトビート」大好きです



ライブで「Perfume」が衣装チェンジをするように、「ザ・クロマニヨンズ」も衣装チェンジ(?)します。暑苦しいですね。

これが50歳のバンドなのかよ ファンであるウチでも信じられません。「毎秒が伝説」まさに、この人達に相応しい言葉ではないでしょうか。

ロッケンロール!





blogram投票ボタン

肉球 ランキングに参加してみました。よろしければクリックお願いします ^^
kao03 拍手とかコメントとかしていただけると、とても嬉しいです うさぎ
■ 音楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/07/30

(つд`) くみこん脱退かよ

力が抜けてしまった ショック。

チャットモンチー高橋久美子、9月でバンドを脱退
ウチの大好きなバンド「チャットモンチー」から城マニアのくみこん脱退。「チャットモンチー」といえば、くみこんの作詞だった。

■ Chatmonchy - 風吹けば恋 Live


■ コスモタウン


■ Chatmonchy - ハナノユメ Live


■ チャットモンチー シャングリラ


一回しかライブは参加できなかったけど「やっぱロックバンドだな!」と思わされた最高のライブだった(「チャットモンチー Hall In Love Tour 2009」@名古屋)。確かに最近のアルバムは微妙な出来だったから、あまり聴き込んでいないウチがいうのも説得力が無いかもしれないけれど、大好きなバンドだった。初めて「耳鳴り」を聴いた時の衝撃は今も覚えているよ。

あぁ 久しぶりに聴いたけど良い曲ばっかだね。ホントにショックだ...

blogram投票ボタン

肉球 ランキングに参加してみました。よろしければクリックお願いします ^^
kao03 拍手とかコメントとかしていただけると、とても嬉しいです うさぎ

■ 音楽 | Comments(0) | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »